富山 パート看護師

老健で急変があった時・・・。看護師はどのように対応しますか?ナースが少ないから急変時の対応が大変そうですね・・・。

老健は、疾患により在宅で過ごす事の出来なくなった方が、リハビリなど行いながら健康を維持し、在宅復帰を目指す施設です^_^

 

しかし、最近の老健は、特養待機のための一時しのぎ施設と化していますね;^_^A

 

一度入所したら、なかなか出ることのない利用者さんばかりです(-。-;

 

本来、医療行為をほとんど必要としない利用者さんが対象の施設ですが、実際にはいつ急変してもおかしくない利用者さんも多いのです( ;´Д`)

 

ですから、老健での急変は決して少なくありませんね(´・Д・)」

 

老健では、医師が常勤しています。
急変があった際は、ドクターに報告し、指示を仰ぎます。

 

老健では、一時しのぎの点滴や酸素吸入などはできますが、検査や治療はできません(・_・;

 

ですから、状態が改善されない場合には、救急搬送をすることになります。

 

老健では、利用者さんの救命につなげるためにも、そういった対応を素早く行わなくてはなりません。

 

利用者さんの急変に気づいたら、素早い判断が求められます(´・Д・)」

 

また、ナースの人数が少ないため、介護士の協力を得ることも必要です。

 

急変時は、命に関わる状況であるかどうか判断し、施設内で対応出来る範囲の対応をします。

 

急な心停止もありますから、AEDの使用や、心臓マッサージなど救急隊が到着するまで、救命措置が行われます。

 

特に、夜間の急変時は夜勤ナースは一人ですから、ナースの判断力、行動力が要求されますね(-。-;

 

夜間は、介護士に指示をだし、ドクター報告、家族報告、受け入れ先協力病院との連絡、救急車要請など行います。

 

夜間は、夜勤ナースが救急車に同乗できないため、夜間呼び出しナースが当番制でいます。

 

呼び出しナースが到着したら救急搬送しますが、間に合わない時は夜勤ナースが搬送することもあります( ;´Д`)

 

100人の利用者さんがいますから、一晩にそんなことが二回もある時もあります(-。-;

 

急変ってなぜか、続く時は立て続けに起こるから、大変ですよ...ε-(´∀`; )
-----